新卒で就職することに意味はあるのか??そのメリットとは。

こんにちは!

今回は新卒で就職することに意味はあるのかと言うお話ができればと思います。



 

スポンサーリンク

そもそも就職に意味はない 

いきなり結論からお伝えしますが、そもそも就職することに意味はありません。

「世の中のために働く」や「労働は義務」のような話もありますが、実際働かずして生活をしている人だっています。

 

なので別に働かなくても良いのです。

しかしなぜ多くの人が就職するのか。

 

それは働くことにメリットがあるからです。

つまりあなたの生活において最善策が就職であれば就職した方が良いです。

 

ちょっとわかりづらいですかね。。

 

例えばお金に視点を合わせます。

この時点でみると、単純に週に5日の40時間働いて手取り15-20万もらえることがあなたにとってメリットなら働いた方がいいと言うことになります。

 

なんとなく理解できたでしょうか?

では働くことにおける一般的なメリットをいくつか列挙していきます。

 

 

 

メリット1 幅広いキャリアの選択ができる

 

まずはこちら。

幅広いキャリアが選択できることです。

 

もっと簡単に言えば、やってみたい仕事にチャレンジしやすい環境が新卒からの就職ではあるということです。

 

日本の新卒は世界的にみたら少し特殊です。

いわゆる「ポテンシャル採用」と言われ、スキルや能力以外のパーソナル部分や学生時代の活動を評価してもらうことが可能です。

 

これって結構ラッキーなことなんです。

なぜなら極端な話をすれば何もスキルがなくても「頑張ります!」というだけで就職できてしまう可能性があるからです。

 

そしてこの特権は新卒時以降価値がどんどん下がります。

なのでこの特権を利用することは大きなメリットになるでしょう。

 

メリット2 未経験でも育ててもらえる

 

次はこちらです。

未経験でも会社に育ててもらえる環境があるということです。

 

基本的には日本は前述の通りインターン等を経て即戦力として出なくても、会社に入社できます。

そしてその後長い会社だと数ヶ月業務ではなく研修をしたりして新卒者にスキルをつけてくれるのです。

 

 これってめっちゃお得じゃないですか?

 

例えばエンジニア。

エンジニアのスクールが今ブームになっていますが、これって参加するのに数十万円の費用がかかります。

 

企業の研修もそのくらいのコストはかかります。

つまり新卒で会社に入社すれば無料、というかむしろ給料をもらいながら有料研修を受講できたりするのです。

 

これ使わないてなくないですか?

仮に不必要でいらない研修だったとしても、結局給料はもらえるのでプラスにしかならないのです!

 

メリット3 自己実現につながる

 

そして最後のメリットはこちら。

自己実現につながることです。

 

「仕事=つまらない」みたいな価値観が結構根強いですが、実は仕事をすることで自己実現を果たせる人も結構いるのです。

 

では仕事の面白い要素はどこでしょうか。

私自身元営業マンで営業職を例にしてみます。

 

例えば

・売り上げ目標を達成した達成感

・チームでの売り上げ目標を達成した一体感

・クライアントの課題を解決して褒めてもらった時

・成果を出して上司に褒められた時

・会社で表彰された時

のように割と出せば出すほど面白さを感じるポイントはあります。

 

達成感から自身の承認の欲求を満たせるものまで。

私の持論ですが、要は楽しんだもの勝ちです。

 

ゲームをしている感覚で働けるような自己洗脳ができるとかのメリットを1番教授できると思います。

 

 

 

こんな人は就職の必要はないかも?

 

 

前述より就職をするメリットはいくつかあります。

ただ別に就職をしなくて良い人も大勢います。

 

例えば学生時代から稼ぐ手段を身につけている人です。

例えばすでにエンジニアとしてインターンをしていた、会社に属するよりも個人で働いた方が稼げる。

 

そんな場合は就職する必要はありません。

 

このように少数派だと思いますが、就職することにデメリットの方が多くなるような方は就職する必要は全くないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました