【2019年最新版】スマホ おすすめ機種7選 自分にぴったりの長持ちする端末を選ぼう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここからは2019年最新版のおすすめスマホをご紹介します!

2019年のおすすめスマホ7選

iPhone

iPhoneXS (Max)~美しく大きな画面~

 

  • 全面がスクリーンというインパクトのあるデザインになっています。
  • この機種の最大の特徴は、これまでのiPhoneの中でもっとも大きい画面もっとも高解像度のSuperRetinaディスプレイを採用していることです。
  • 高度な演算処理を備えたデュアルカメラは、どんなシーンでも美しく撮影できるように自然にアシスタントしてくれます。
  • ただ、前モデルのiPhone Xとこれ以外の大きな差はほとんどありません。

発売:SIMフリードコモauソフトバンク

 iPhone8 ~私も持っています。根強い人気です~

 

  • 液晶画面の下に物理ボタンが1つの旧タイプのiPhoneとして最後の機種です。
  • しかし、前のデザインを好む人も多かったり、最新機種が10万円以上の高額になる中で旧モデルとして価格が下がったりしていまだに人気の高い機種になっています。

発売:SIMフリードコモauソフトバンク

Android

Samsung Galaxy S9 (+)~カメラ性能に特化~

 

 

  • iPhoneXSと同様の全画面ディスプレイを採用しています。
  • 2種類のレンズを搭載していて、それぞれ昼用と夜用です。それぞれのレンズで違い、昼で使うレンズ(F値1.5)夜に使うレンズ(F値2.4)を状況に応じて自動的に切り替えています特に夜によりきれいな写真を撮れます。
  • 虹彩認証が利用可能。
  • また、960フレームのスーパースローモーション撮影ができます。通常スピード(1秒30コマ)の映像に約6秒間のスローモーション映像(1秒最大960コマ)を組み合わせることで、緩急のある映像が簡単に作成できます。プロ用のハイスピードカメラで撮るような、1秒960コマの印象的な映像がかんたんに残せます。
  • つまり32倍細かく動画再生することができます!
  • ワイヤレス充電に対応。

発売:ドコモau

SONY  Xperia XZ3 ~個々のパーツが高品質~

 

  • Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイ。有機ELのスマホは今や珍しくありません。しかし、SONYは昔からテレビを作り続けてきたメーカーで、4Kテレビ「BRAVIA」の画像処理技術を取り入れています。コントラストのはっきりした高精細の映像は、スマホを一層魅力的に見せてくれます。
  • SONYの技術を結集した高性能カメラ。イメージセンサー、画像処理エンジン、レンズのすべてを自社で開発しており、SONYのカメラテクノロジーを結集している。ふとした日常の景色を特別なシーンに変えます。
  • いい音へのこだわりが生んだ高音質Xperia史上最大音量のフロントステレオスピーカーアーティストの息づかいやライブの空気感まで体感できる、高音質なハイレゾ音源の再生に対応しています。
  • いたわり充電で長持ちバッテリー。充電時の負荷を軽減することで、2年使っても劣化しにくいバッテリーを実現しています。

発売:ドコモauソフトバンク

Huawei  P20 lite~コスパモンスター~

  • 大人気となったP10の後継モデルです。背面ガラスの光沢も美しく、女性からの人気も高いモデルです。
  • パワフルなオクタコアのプロセッサを装備し、RAM容量も4GBあるので、複数のアプリを起動してもストレスなく動作します。
  • イン・アウトカメラともに1,600万画素の高性能カメラを搭載しているので、セルフィーも高画質で楽しむことが可能です。
  • これだけの性能がありながら、お値段なんと約2万円。コスパ良過ぎ!!!

発売:SIMフリーau

シャープAQUOS sense lite

 

  • AQUOSシリーズでおなじみのIGZO液晶で節電しつつキレイに表示。シャープが世界で初めて量産化に成功した半導体技術を用いているディスプレイで、一般的な液晶ディスプレイと比べ「高精細でキレイ」「消費電力を抑えられる」「タッチ操作への反応感度がよい」などの特長を備えます。なにより、省電力性が高いです。
  • 画面以外の省電力機能も優れており、さほど触れない日には、12時間たってもバッテリー残量が80%超残っていることも。
  • 他にも根強い人気を誇るおサイフケータイ、防水設計、指紋認証などにももれなく対応しています。
  • 自分だけの空間!上下左右など正面以外の角度から画面を覗き込むと、画面に模様が浮き上がり、表示されている内容を見えにくくしてくれる覗き見ブロック(ペールビュー)を搭載安心して電車内などで使えます。
  • より読みやすく!クロールオートというブラウザでネット記事を読む際、画面を自動でスクロールしてくれる機能があり、操作をせずとも、ゆっくりとした速度で画面が自動スクロールしていきます。自分の読むスピードにあわせれば、Webコンテンツをラクに“流し読み”もできちゃいます。

発売:SIMフリー楽天

Google Pixel 3

 

  • Androidの開発元であるGoogle社が発売したPixel 3。満を持して日本上陸したGoogle純正のAndroidスマホ
  • フルHD+(2160×1080)解像度の5.5型大画面ディスプレイを搭載
  • 最大の特徴はカメラ機能。背面はシングルカメラながらも高度なAIと画像処理技術によって、夜景やポートレートもデュアルカメラに匹敵する高画質で撮影できます。また、カメラを向けるだけで被写体に関する情報検索やテキスト翻訳が可能なGoogleレンズを搭載しているのも魅力です。
  • CPUにはSnapdragon 845、メモリは4GB、ストレージは128GBを搭載。防塵防水、おサイフケータイにも対応しています。まさにハイスペックです。

まとめ

どうですか?あなたにぴったりの端末は見つかりましたか?

それぞれに特徴があって選びにくいですよね。

ここでは簡単に紹介しているので、詳しいスペックが知りたい方

詳細スペックをご覧になってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました