【2019年最新版】スマホ おすすめ機種7選 自分にぴったりの長持ちする端末を選ぼう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサードサーチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホの選び方

まずはスマホを選ぶときにチェックしたいポイントを紹介していきます。

外見からだけではスマホの性能は分かりづらいので、しっかり性能を表す数値を確認しましょう。

そんなの分かり切っている!という方は

先にランキングを見てください。

iPhoneかAndroid

スマホはiOSかAndroidのどちらかのOSを選ばなければなりません。

iPhone iOS 種類が少ないからこそ、アクセサリーやカバーが豊富
Android Android

機種・サイズ・機能・値段も種類が豊富

トーミ
トーミ

iPhoneはブランド化しており、安価ではなかなか手に入りません。

ただ、ネームバリューはすごく高いですね。

キャリアスマホかSIMフリースマホ

スマホの買い方には2つある。

キャリアスマホ 3大キャリアが提供している プランが高額な分、サービスが充実
SIMフリースマホ スマホとSIMを別々に買う必要 安価な場合が多いが、自らでカスタマイズしなくてはいけない。逆に自分に必要な分だけ買えて無駄が省ける。

具体的には

<キャリアスマホ>

アフターサポートがつく

店舗に行けば、不具合の相談できますし、直接わからないことも質問できるので安心して購入できます。

<SIMフリースマホ>

SIMがついていない(フリー)スマホを購入することになります。

SIMカードを別途購入したり、スマホの設定を自分で行う必要があります。

なので、多少はスマホについて知識が必要になります。格安SIMを使えばキャリアで購入するよりもずっと安く購入できるため、携帯代を押さえたい人たちに人気です。

しかし、格安スマホは店舗を構えていない場合が多く、何かあっても自分で解決しなければなりません。

あまり自信のない方は無難にキャリアスマホを選んだ方がいいでしょう。

意外と大事なサイズ感

手の大きさ、どう持ち運ぶかなど人によってさまざまです。

最近では全体的にスマホの画面が大きくなってきていますが、逆に大きすぎると片手で持ちにくかった電話しづらいなどというデメリットが起きます。

しかし画面が小さいと、文字が見えづらかったり、動画を視聴しにくいというデメリットもあります。

スマホを選ぶ時は実際に手に取って、文字の大きさを確認したり、普段持ち運んでいるバッグのポケットに入るかなど、自分に合ったものを選びましょう

カメラにこだわるなら画総数がポイント!

スポンサーリンク

SNSの人気によりスマホのカメラ機能は要チェックポイントです。

自撮りならセルフィ―(前面)用の画素数が800万画素以上もあれば満足できる写真が撮れるでしょう。

また画素数だけでなく、カメラの起動時間も写真好きには重要になってきます。せっかくのシャッターチャンスを逃さぬよう、レビューなどを参考にしっかり確認しましょう。

ダブル・トリプルレンズを搭載している機種なら、簡単に背景をぼかしたりプロ並みの写真を撮影できるので、カメラにこだわりたい方にはおすすめです。

サクサク使いたい~RAM容量~

RAM容量一度に処理できるデータの容量を表しています。

最低でも3GB以上は欲しいです。3GBは個人的に遅いと感じることが多いです。

スマホを普段からよく使う方は、4GBがあれば満足できます。

スマホが遅くなってカクカクするのがイヤな方は、RAMの数値を確認しましょう。

どれだけ保存できるか~ROM容量~

スマホを使っていれば、写真・動画やアプリなどをたくさん保存すると思いますが、保存容量(ROM)に注意してください。

ROM容量は写真・動画やアプリなどの保存するための容量を表します。

大まかにいえば、32・64・128GBの3種類があります。

ただ、システム容量は無視しているので実際使えるのは約22・54・118GBです。

なお、アプリのデータ容量は端末外に移動できないことが多く、アプリをたくさん使う人64GB以上の方がいいでしょう。私も64GBです。

また、動画を大量に撮ったり4K写真を保存する場合にも128GB以上の方がいいでしょう。

androidではmicroSDカードを利用でき、容量を増やすことができます。

しかし稀に、カードを入れられない機種もあるため事前に確認しておきましょう。

トーミ
トーミ

いわば車で言うエンジン性能がRAM

ガソリンがROMです。

1日使えるか

スポンサーリンク

スマホを1日中使っていて一番心配なのはバッテリー切れです。

大事な場面でバッテリー切れにならないよう、よくスマホを使う方であれば3000mAh以上は欲しいところです。

また、高速充電に対応しているかも大事です。

早ければ1時間でフル充電できます。

出かける際にやばい、充電忘れてたという時にお世話になります。私も幾度となく助けられました。

他にも置くだけで充電できるワイヤレス充電という機能もあります。

スマホの楽しみ方が広がりますね。

機種ごとの機能も確認しよう

Androidスマホはそれぞれの機種で独自の機能を兼ね備えている場合もあります。

おサイフケータイ:スマホをクレジットカードと同等に使える。現金を持ち歩きたくない人向け。使うと財布が要りませんが、結局私は財布を持つのであまり必要のない機能です。

防水機能:雨の日も安心して利用できます。ただ完璧ではないですから油断は禁物です。

指紋・虹彩・顔認証:セキュリティ面で安心安全かつ簡単です。顔認証はマスクしてるとダメ、明るすぎ暗すぎで認証しづらいなど問題も多いです。

折り畳み式の画面や前面カメラが内蔵式などスマホの進化はますます加速しています。

2019年最新版のおすすめスマホ6選

タイトルとURLをコピーしました