シーバスはジグヘッドとワームで釣るのが良く釣れる!コツは重さ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサードサーチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シーバスはジグヘッドとワームの組み合わせが良く釣れる!

シーバスはジグヘッドとワームで釣れるとは、
ジーバスを始めた時はよくわかりませんでした。

ジグヘッド+ワームは、ロックフィッシュだと思っていたので、
旦那から教えてもらっても、使いませんでした。

ルアーは巻いていても振動がロッドに伝わるので、
シーバスをルアーで狙っているなと実感がありますが、
ジグヘッド+ワームは、抵抗がほぼ無いので、
使っていませんでした。

メインは鉄板です(笑)

しかし、
いつもとは違い、昼間の堤防で、周りも誰もイカも、アジも何も釣れない時に、
ダメもとで使ったジグヘッド+ワームでシーバスの60UPを釣り上げてから、
意識が変わりました。

シーバスはハードルアーで釣るものだ!と固定観念があったので(笑)
ジグヘッド+ワームは敬遠していましたが、
今では余裕の一軍です(笑)

また、ハードルアーに比べて安いから一軍です!!

シーバス初心者の私を坊主、ノーフィッシュから救う
シーバス釣りでのジグヘッド+ワームについて、
初心者目線で分かりやすく解説したいと思います!

シーバスはジグヘッド+ワームでも釣れる!

シーバスがジグヘッド+ワームで釣れると確信に変わったのは、
デイゲームの堤防での釣りの時でした。

周りも何も釣れていなくて、
アジもイカも釣れていませんでした。

青物もいなくて、とりあえず、持っているルアー全部投げて、
ノーバイトだったので、あきらめていたのですが、

ジグヘッド+ワームが気になり、旦那のタックルからもらって、投げた2投目。

まさかの60UPのシーバスが釣れました!!!

しかも、ボトムから、リフト&フォールでフォール中に!

この日から、
シーバスはジグヘッド+ワームが一軍になり、
困ったときに投げ続けられるルアーになりました。

私が使うジグヘッド+ワームのやり方は、
シーバス初心者さんにもやりやすいと思います。

主に河川ですが・・・

ポイント
★河川+橋脚+常夜灯

ルアー
★ジグヘッド+ワーム

使い方
★イメージしながら、
①表層
②中層
③ボトム
基本はただ巻きです。

私は、①②③の順番で攻めるのですが、
③のボトムでシーバスが来ることが多いです。
(季節、ポイントによります)

また、いきなり
ジグヘッド+ワームでもよいのですが、
私は、ハードルアーで釣れるシーバスがいれば、
ハードルアーで釣りたい人なので(笑)
最初の1投からジグヘッド+ワームはキャストしません。

ジグヘッド+ワームは、
手持ちのハードルアーで攻め切って、
策がないときに(笑)使います。

あと、ハードルアーではできないのですが、
ジグヘッド+ワームを橋脚にわざと当てるようにキャストして、
橋脚ギリギリを狙います。

以上が私のシーバスのジグヘッド+ワームの釣り方です。

スポンサードサーチ

シーバスのジグヘッド+ワームでのコツ

シーバスはジグヘッドとワームでも釣れる、
むしろ良く釣れることが分かってから、
試行錯誤を重ねた結果、一軍ルアーになっているのですが、

シーバス初心者の方で、
ジグヘッド+ワームで釣れないという方に出会います。

私はジグヘッドの重さがポイントだと思います。
(個人的意見です)

5g、7g、10g、12g、14gと代表的なジグヘッドの重さがあります。

しかし、
シーバスがジグヘッドとワームで釣れないと言われる方の
ジグヘッドの重さを聞いてみると、

「20g~28g以上」を使っている人がいます。
ロックフィッシュ、フラットフィッシュのジグヘッドを
そのまま使っている人がいます。

私は基本、河川、ウェーディングなので、
ジグヘッドの重さは、

私はキャスト後、ボトムに沈むまでの時間を長くとりたいので、
軽いジグヘッドを使います。5g、7gがメインです。

ワームが川の流れ中、
水中で自然と流れているのイメージしてます。

私が10g、12gを使うのは、
雨の後の増水パターンで、
流れが速くなる時に使います。

シーバス初心者の方で、
ジグヘッド+ワームで釣れないという方は、

是非、ジグヘッド+ワームを投げ倒すことと(笑)
軽いジグヘッド5g、7gを使ってみてください。

ボトムが取りづらいのですが、
取れなくてもシーバス釣れます(笑)

以上、
シーバスはジグヘッドとワームで釣るのが良く釣れる!コツは重さ?
でした。

タイトルとURLをコピーしました