映画「キャプテン・マーベル」過去最強女性ヒーローとは何者か?その謎に迫る!

どうも!絶賛花粉症地獄のトーミです(´;ω;`)

いよいよ公開まで6日に迫った映画「キャプテン・マーベル

最も注目されている今作の主役で過去最強女性ヒーローの

キャプテン・マーベル について特集していきます。

 

キャプテン・マーベル

スポンサーリンク

基本情報

本名 マー・ベル (キャロル・ダンバース )
別名 キャプテン・マーベル
種族 宇宙人
性別
出身地 クリー帝国



史上最強のヒーロー

様々なキャラクターが登場してきましたが、なかでもキャプテン・マーベルは別格です。

特別な遺伝子

クリー人の遺伝子を引くハイブリッド。

その能力はDCコミックスのスーパーマンに似ており、

超人的な筋力スピードスタミナ耐久力ほか、飛行能力も備えている。

また、“第七感”と呼ばれる限定的な予知能力(突然作動するランダム的な能力)も備える。

トーミ
トーミ

まさに”史上最強”にふさわしいですよね。

最強ボディー

筋肉は通常の人間に比べて疲労毒素を生成しにくい。

体内組織がはるかに強靭なため、物理的な傷害耐性にも優れている。

たとえば銃弾、衝撃波、高所からの落下、極度の高温や圧力、エネルギー爆発にも耐えることができる。

また、クリー人の生理機能により、多くの毒物への免疫も持っている。

トーミ
トーミ

女性=か弱い は通用しませんね。

もちろん飛べます

空や真空の宇宙空間での高速飛行も可能。最高速度は不明。音速の3倍の速度で数時間飛行することもできるとも。

MCUでは珍しい女性ヒーロー 

[ad]

20作品を経てついに登場

作品の時系列があったものの、なかなかMCUで主役に女性がなることはなかった。

アメリカでは3月8日に公開となったが、まさにその日は国際女性デー

「ブラックパンサー」から受け継がれてきた“ヒーロー”の定義を『キャプテン・マーベル』 がいかに変えるのか。 何かしら現代世界に影響をもたらすだろう。

強さだけではない

キャプテン・マーベルは完璧なスーパーヒーローでも、別世界の人物でも、神のようなものと繋がっているキャラクターでもない。

彼女を特別にするのは、彼女が本当に人間らしいことである。

愉快であるが、いつも良いジョークを言うわけじゃない。頑固で向こう見ずで、常に確実な決断を下すことはない。それでも彼女の中には大きなハートと人間らしさ、そしてだらしなさがある。

トーミ
トーミ

完璧すぎるとロボットみたいですし。彼女の人間味は私たちを魅了しますね。

今後に期待

4月公開の「エンドゲーム」にも出演予定。

どういった役割になるのか。

サノスを倒すのか?

今後の活躍に期待だ。

映像化

[ad]

女優 ブリー・ラーソン

1989年10月1日生まれ。カリフォルニア州出身のフランス系アメリカ人。

2015年の『ルーム』では、監禁状態から幼い息子と共に脱出を図る母親役を演じ、第88回アカデミー賞主演女優賞に輝く。

2017年の『キングコング:髑髏島の巨神』では主要キャストのメイソン・ウィーバーとして出演、来日も果たした。また、同作で『アベンジャーズ』シリーズではロキ役として知られるトム・ヒドルストンほか、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンとの共演も果たしている。

その他データ

初登場 キャプテンマーベル
主な登場作品 アベンジャーズ・エンドゲーム(予定)
所属 対テロリストエリート特殊部隊スターフォース
職業 パイロット

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

いろいろな女性キャラがいますが、ここまでの能力があるのはすごいですね。

たぶん映画を観たらすぐに推しキャラになりそうな予感( ´∀` )

皆さんはいかがですか?

もちろん映画 『キャプテン・マーベル』 を観ますよね?

よろしければ、Twitterのフォロー・リプ・いいねもおねがいします。

今後は 『キャプテン・マーベル』 の登場キャラに関して詳しく掘り下げていく予定です。ぜひお時間あれば遊びに来てくださいm(__)m

タイトルとURLをコピーしました