[マーベルキャラ紹介]ブラックウィドウ|世界最高スパイの驚くべき能力を紹介

ブラック・ウィドウってご存知ですが?「あの、アベンジャーズの女の人」「あんまり知らない」という方も多いでしょう。それもそのはず、ブラック・ウィドウは超人というよりは普通の人間です。ヒーローでは珍しく超人的パワーは持っていない1人です。

一方で、彼女は才能あるスパイであり、戦闘、武器、その他、様々なトレーニングを受けており、他のアベンジャーズのメンバーに負けず劣らずの恐るべき人物といえます。そんなブラック・ウィドウの魅力を余すところなくお届けします。

スポンサーリンク

1分でわかるウィドウってこんな人!

  • 世界最高レベルのスパイ
  • 格闘技は名人クラス
  • ロシア語、フランス語、ドイツ語、中国語など多言語を操る
  • 尋問や諜報活動が得意
  • 常に冷静で裏ボス的存在
  • アベンジャーズのメンバー

プロフィール

 

名前 ブラック・ウィドウ
本名 ナタリア・“ナターシャ”・ロマノフ
別名 スーパー・スパイ
種族 地球人
性別
出身地 地球
身長 170.18cm
体重 58.97㎏
能力

高度な格闘技、狙撃技術、敏捷性、回復能力

所属 Shield、アベンジャーズ、ソコヴィア協定賛成派
職業 Shieldのエージェント
初登場 アイアンマン2
主な登場作品 アベンジャーズ、ウィンター・ソルジャー、エイジ・オブ・ウルトロン、シビル・ウォー、インフィニティウォー、エンドゲーム

能力の評価

パワー
2
スピード
4
体力
3
知性
3
戦闘力
3
ライオ
ライオ

格闘がすごくてアベンジャーズの紅一点な存在だよ

他のキャラクターも見る

もっと知ろう!こんな一面もあるよ

ナターシャ・ロマノフブラック・ウィドウのコードネームを持つS.H.I.E.L.D.の元エージェントで、アベンジャーズの創設メンバーのひとりです。かつてスパイであった経験から尋問や諜報技術に長けています。

他のキャラクターとは違い、特殊な能力はありませんが、スパイ技術は芸術的な域まで高く、大量の「ウィドウバイト」とクラスター爆弾を装備し、多岐にわたる格闘技と武術で戦います。アベンジャーズなどの超人たちとも肩を並べて戦える実力があります。ほかにもまだまだ魅力があります。詳しく解説していきます!

世界最高レベルのスパイ

1984年、ロシアで生まれたナタリア・アリアノヴナ・ロマノフは、KGBに雇われて幼い頃からレッドルーム・アカデミーの訓練を受け、世界最高レベルのスパイとなりました。その冷酷なやり口から、ブラック・ウィドウというコードネームを与えられています。KGB時代では、厳しいトレーニングをうけ、暗殺者として迷いない人生を送れるように受けた苦痛の不妊治療が大きなトラウマになっています。

人生の転機

ある時、彼女の人生は劇的に変化しました。それは彼女を殺すために送られたエージェント:クリント・バートン(ホークアイ)との出会いでした。ホークアイは彼女に敬意を抱き、殺さずに逃がしました。彼女にとってそれは衝撃的で、KGBを辞め、S.H.I.E.L.D.のエージェント”ナターシャ”として新しい生活をスタートさせました。

やっぱりスパイ?

S.H.I.E.L.D.のエージェントになって、主な任務は潜入活動でした。ウィドウはナタリー・ラッシュマンという偽名を使ってスターク・インダストリーズで法務部の社員として働き、トニー・スターク(アイアンマン)を監視する任務に就きました。ある時、ボクシングがきっかけでトニーの秘書になりました。

ライオ
ライオ

相手の懐に入るのがうまいね

また、アベンジャーズの中では、ウィドウは自己中心的ではありません。彼女は普段、非常に落ち着いていて、冷静で、感情を抑制することができます。そこもスパイっぽく思わせるのでしょう。ハルクと戦う時とつらい過去を思い出す時以外はほとんど感情を表に出しません。

詳細>>>『アベンジャーズ』

縁の下の力持ち

直接、大勢の敵を倒すのではなく、例えば『アイアンマン2』でイワンのスーツをハッキングして停止させたり、映画『アベンジャーズ』で異世界への扉を開けている装置を破壊し、戦いを終わらせるなど、ここぞというときにしっかり役目を果たします。裏で支えるところがさすがスパイというか、(フューリーやホークアイなどにもいえますが)”THE S.H.I.E.L.D.エージェント”ですね。

仲間思いの一面も

『シビルウォー』でアベンジャーズは国連の監視下におかれるソコヴィア協定に加入を迫られました。ウィドウは賛成してスタークのチームに加わりました。しかし、犯罪者として指名手配されていたウィンターソルジャーが実は無実であるとキャプテン・アメリカに聞かされ、ソコヴィア協定に対し疑問を抱いたウィドウは賛成派であるアイアンマンなどを裏切り、キャプテン・アメリカ側につきました。

特集:ブラック・ウィドウの多彩な戦闘能力まとめ

ナターシャ・ロマノフは戦闘だけでなく幅広く鍛えられいます。またエージェントとして多国語を流ちょうに話すことができ、同時にコンピューターや心理学にもたけています。彼女は超人ではないものの、いざ戦うと信じられないほど強いです。それでは、多彩な戦闘能力を紹介していきます。

格闘技の達人

ナターシャは格闘技の分野でのエキスパートです。格闘技の種類は空手、柔道、合気道、サバット、ボクシング、ルチャリブレ、様々な流儀のカンフーをマスターしています。強靭さ、スピード、機敏さを駆使し、何十人もの屈強な男たちをいとも簡単に倒すことができます。実際に『アベンジャーズ』で、椅子に縛られた状態で3人の男を倒しました。

アクロバットの達人

ナターシャはオリンピックレベルの体操、アクロバット、エアリアルのアスリートであり、多くの難しい技ができます。バレエもできるので体が柔らかいんですね。

ぱーたん
ぱーたん

オリンピックで金メダルとりそう

射撃の名手

ナターシャは非常に正確な射撃の名手であり、正確な射撃とナイフ投げに精通しています。正確な射撃といえば、ホークアイですね。ただ、ホークアイは弓、ナターシャは銃が専門ですね。

多言語を操る

ラテン語、ロシア語、英語、フランス語、ドイツ語、中国語、その他種々の言語に話すことができる。

ぱーたん
ぱーたん

日本語もペラペラ話してほしいね

ベテランの尋問者

尋問といえば、拷問などの脅して情報を聞き出すことがまず思いつくでしょう。しかし、ナターシャは一味違います。それは心理学を利用し、相手を操ることで聞きたい情報を相手に自ら話させるという方法です。たとえば、『アベンジャーズ』でロキを巧みに操り、ヘリキャリアを墜落させるのにハルクを利用するという計画を聞き出しましたね。メンタリストみたいですね。

才能あるハッカー

格闘だけでなく、ほとんどのコンピューターシステムにファイアウォールやセキュリティーにつまずくことなく侵入することができます。実際に、彼女は『アイアンマン2』で、ローズがウォーマシンのコントロールを取り戻すのを手伝い、アイアンマンとウォーマシンを勝利へと導きました。

世界最高クラスのスパイ

ナターシャはスパイ、兵器の操縦、変装、潜入、武器解体の訓練を積んだ危険な秘密諜報員です。彼女の才能と経験値は高く評価され、S.H.I.E.L.D.のエージェントとして高い地位にまで上り詰め、さらにアベンジャーズの一員としても選ばれました。

ブラック・ウィドウの特殊装備

  • ウィドウズバイト
  • 拳銃 ・ワルサーPPK/S(『アイアンマン2』)・グロック26(『アベンジャーズ』)
  • テーザー銃
  • 閃光弾
  • 鉄環絞首刑具
  • ダガ―
  • 電気警棒(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』)
  • ブラスター(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』)

キャスト

スカーレット・ヨハンソン

まとめ

いかがだったでしょうか?超人のスーパーパワーを持っていないので、アベンジャーズの中では見劣りしてしまい、ナターシャについてしらない人も多かったのではないでしょうか。

派手なパワーはないけれど、スパイとしては超一流でアベンジャーズに抜擢されたのもうなづけますね。個人的にはクールにそつなく仕事をこなしているところが好きですね。アベンジャーズの中で女性一人で頑張っているので思わず応援したくなる、そんなキャラクターです。

ご意見などありましたら私のTwitterまで。たくさん語りたいなと思います( ´∀` )コメントくだされば極力返信しますので、いつでもウェルカムです。

キャラクター一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました